不動産

注文住宅と建売住宅の違い



注文住宅と建売住宅の一番の違いは、価格と設計にあります。注文住宅の場合は、元々土地を持っていればよいのですが、そうでない場合は土地探しから始めます。希望の土地が見つかったとしたらそこに家を建てていくことになります。もちろん1からすべて自分達の希望の間取りから何から決めることができ、まさに夢の住宅が実現します。しかし希望を出せば出しただけ、どうしても予算がオーバーすることがしばしばです。一方建売り住宅の場合ですが、この場合は一般的にホームメーカーが一括して土地を買い上げます。この時点でまずコストが抑えられます。そして間取りはほとんど同じ間取りとなり建材も一括購入するのでコストが抑えらえ、裁断等も工場でまとめて行います。なので価格は少し安くなっています。またこだわりの住宅とはいきませんが、万人受けする間取りとなっているので比較的使い勝手は良くなっています。それに最近の傾向ですと建売り住宅でも、建築する前に購入を決めれば壁や外壁の色やデザインなどを選んだり、間取りを少し変えることとができるようになっています。家というのは大抵の人にとって人生で一番大きな買い物となります。後悔のないように選びましょう。



注文住宅のメリット

注文住宅のメリット

493705889「注文住宅」のメリットは何といっても夢のマイホームを自分好みにカスタイマイズできることです。一生に一度あるかないかのせっかくの多額の買い物ですから、慎重に購入を検討したいところですよね。 建売住宅では、既成で仕上がった建物を土地付きで購入する代わりにお値段がお安くなっている場合がほとんどです。実際注文住宅では、土地を保有しているまたは、土地を購入し、建物に関しては、設計の段階から、自分達住む人の意見を取り入れてることができます。形、色、材質、広さ、間取り、すべてにおいて、自分好みにできます。と言っても、予算があるでしょうから、全部が全部取り入れられるかといえば、ある程度妥協しなければならないところもあるでしょうし、建築士法や耐震など、設計にからむところで、思うようにできないところも出てくるかもしれませんが、基本的には自分の思い通りの家が建つと思っていいと思います。 家は、建ってから住まいするのも楽しみですが、家を建てるまでのこうしよう、ああしようといった相談や、いろんなモデルハウスを見て歩いて、こんな風にしたいな~と想像するのも楽しいものです。 ほんと工夫次第で色々できるのが注文住宅の良い点です。とても狭い土地(狭小地というらしいです)でも注文住宅であれば、実際に広さ以上に大きく感じる家をたてることもできます。 ちなみに狭小住宅を建てる際には、建築法も選ぶ必要があります。私がお勧めするのはツーバイフォー工法です。いわゆる柱で組み立てるのではなく、枠と壁で支える方法です。ツーバイフォーの特徴は、火災に強く、地震にも強い事です。柱を作らないため、吹き抜けなどの大空間も広く取れるのでおすすめです。ツーバイフォー建築についてはユーケンビルドさんという専門業者のサイトなんかが参考になると思います。 いろいろなことができるので、ぜひ、いろいろ調べてみて、お気に入りの一軒を建ててくださいね。

注文住宅の種類

180931216一戸建て住宅には主に鉄筋コンクリート住宅、鉄骨住宅、木造住宅と言った構造があります。それぞれに特徴がある中、やはり四季のある日本での住みやすさと、安らぎを与えてくれる雰囲気で根強い人気を誇るのが木造住宅です。そんな木造の注文住宅を建てる際にこだわるべきポイントと言えばやはり材質、つまり木です。木造住宅を扱う様々なハウスメーカーがある中で、こだわりぬいた木を使用した注文住宅を提供してくれることで評価の高いメーカーが住友林業です。 住友林業の最大の強みはなんといっても豊かな自社保有林で、そこで育てられた正真正銘国内産の質の高い木を原料に、優れた技術で製材加工された強固な耐久性を誇る建材を使用することで、木の魅力が最大限に生かされた木造住宅を実現しています。また、優れた建築士、インテリアコーディネーターが数多く在籍しているのも高評価のポイントで、木の優しさを生かした様々な素敵なイメージを希望通りの形として実現してくれます。もちろん基本的なポイントである地震などの自然災害への対策や、太陽光発電、スマートハウスなど環境に配慮した住宅の提案も十分で、質の高い材質によりいつまでも安心して暮らすことのできる安らぎの木造住宅を提供してくれるハウスメーカーとなっています。 477705057日本人のDNAとしては木造の住宅を建てたいというのは願望としてあるでしょうが、個人的には鉄骨住宅を勧めますね。まず、誰もが思うように頑丈です。実はお勧めの理由はそれではなくて、間取り造りが自由になることです。大黒柱がないので、壁の位置次第で部屋割りができます。なので人生のそれぞれのステージに合わせて部屋割りを変えられますので結果長く使えるからです。

注文住宅の魅力

注文住宅の魅力

注文住宅の魅力はなんと言っても「細部に至るまで自分好みの家を建てられる」ことです。しかし、ただ条件があります。十分なお金があることです。確かに、ハウスメーカーで売られている既存のデザインの住宅に比べると、自由度は高いのですが、ただやはりその分、既存のデザインの住宅に比べるとお金がかかるのが難点なのですよね。住宅に入れる設備などは、建築業者などのご協力により、ハウスメーカーで建てる場合と変わらないぐらいに値引きされる場合もあるのですが、やはりデザインをいちから起こしますから、「設計料」というものが発生します。お願いする建築士もしくは設計士にもよりますが、相場は住居の建築費用の5〜10%ほどの金額が妥当な設計料だと言われています。それに、人気の造作家具ですが、こちらもやはり既存の家具を入れるよりもお金はかかりますよね。大量生産家具メーカーとは違い、住居に合わせてオリジナルの家具をつくってもらうのですからお金がかかるのは仕方ないですよね。ですから、予算の問題があり減額のために、端々で妥協していき、結局は「細部に至るまで自分好みの家〜」というのはなかなか難しい現状です。しかし、それでも既存のデザインの住宅よりは自由度が高く、第一希望は「注文住宅」という人は非常に多いですね。 476473987

都内なら狭小住宅で設計を

都内の土地ってなんであんなに高いんでしょうね。まあ、都内だからですが。最近、妙に不動産関係の情報番組というか特集が多いような気がしますが何ででしょうかね?それでやはり都内と郊外、田舎の比較になるんですよ。何が幸せなのかよくわからないですよね。私は一軒家が欲しいのですが、仕事の関係上23区内じゃないと厳しいです。高くても世田谷に建てたいと思いますが、高いので狭小住宅にせざるを得ませんことは確定です。そんな話を友人にしていて「問い合わせしてみたら?」と紹介されたのがファインシステマデザインという注文住宅会社です。世田谷の注文住宅施工件数が多い会社だそうで、そういった狭小住宅案件もかなりこなしているそうで、なんと言っても、お客さんの要望の上を行くというのが社訓とのことですからこれは期待せずにいられません。これから都内に建てる予定がある方は一度ホームページだけでも覗いてみてはいかがでしょうか?

高断熱住宅に使われる断熱材の役割

>断熱性能を高めた住宅に注目が集まっています。これまで、北海道のような寒冷地を除き、日本の住宅は夏の暑さを軽減することのみ重視され、冬の寒さについてはそれほど深刻視されていませんでした。しかし、近年は高齢者が増えていることから、長く健康に暮らせるように、夏の暑さだけではなく冬の寒さについてもしっかりと考えることが求められるようになりました。今では、多くの施工会社が様々な工夫により、断熱性能を高めた家づくりを売りにしています。

断熱性能を高めるカギは「断熱材」

各施工会社により、断熱性能を高めるための工夫は異なります。しかし、一般的には「断熱材」を使用することで住宅内外の熱の出入りを少なくしています。通常、建材を組み立てて作られる住宅の壁には多かれ少なかれ隙間が生じます。壁に隙間が生じていると、室外と室内で空気が出入りしてしまいます。室外の空気が室内に入ってしまう、または室内の空気が室外に出てしまうため快適な室温を維持できません。空気の出入りを少なくするために使われるのが断熱材です。断熱材を隙間に入れることによって、家の断熱性能を高めて暑さや寒さを感じにくい作りにします。ただし、断熱材にも種類があり、どれでも良いわけではありません。性能の良いものを使えば使うほど断熱性能が向上します。 高いコストパフォーマンスで評価されているのは、木枠のパネルにスポンジやクッションなどに使われているウレタンを注入して作られる「ウレタン断熱パネル」です。ウレタンの樹脂成分によって木枠とパネルの密着度が上がり、空気が通りにくくなります。他の断熱材を使った高断熱の住宅よりも断熱性能に優れると言われています。

ウレタン断熱パネルの強み

高断熱の住宅のデメリットとして、壁の内側に結露が発生しやすいことが挙げられます。空気の出入りが少ないことから、意識して換気をしなければ湿気がこもりやすいためです。高断熱の住宅にリフォームしたは良いものの、換気の頻度が足りず結露やカビに悩まされたという家庭は少なくありません。 ウレタン断熱パネルに使われる硬質ウレタンフォームは、水や空気を通しにくくいという性能を持っています。壁の内側に結露が発生することも防ぐことができます。また、換気が不十分な高断熱の住宅では、断熱材の内部に結露が発生して、劣化の原因になることもあります。ウレタン断熱パネルならば、断熱材の内部に結露が発生しにくく、劣化して性能が下がる心配がありません。断熱性能を高めるだけではなく、高断熱の住宅にとってデメリットと言える結露の心配を打ち消すことからも、ウレタン断熱パネルを使用した住宅が勧められます。 ウレタン断熱パネルを使用している施工会社には、例えば札幌に拠点を置く「豊栄建設」があります。 断熱性能が必須になる北海道の施工会社だからこそ、高性能な断熱材で夏の涼しさ、冬の暖かさを維持しつつも結露やカビに悩まされない、快適な住宅を提供しています。




↑ページトップへ戻る