注文住宅の諸問題

家族構成やライフプランは家庭ごとに異なりますので、最適な住環境を求めるなら注文住宅が最適となります。注文という言葉からもわかる通り、自由な設計プランを実現できる点が最大のメリットとなります。自由に設計できる魅力は大きく、良いプランを実現できれば最適な住環境となります。しかし、どんな間取りプランであろうとも、設計者にしてみれば法律上の大きな問題が無い限りは望みどおり実現することが可能です。施主が明らかに機能的に劣る設計プランを選択しても、法律に適合していれば実現可能な部分がデメリットであると言えます。極端に言えば、建築に知識の無い素人が考える設計プランは、機能的にも性能的にも劣る場合が多くなります。設計者の意見や提案を理解し、その意図を反映させる気持ちがあれば良い住宅にすることが可能ですが、自分の望みを是が非でも実現しようとする姿勢では、良い住環境を実現することが難しくなるのです。設計プランの組み方にも難しさがありますが、費用面でバランスを取る難しさもあります。注文住宅では、こだわりの設計プランを実現できますが、その分費用は割高になってしまいます。費用面を考えずに望みを実現できるが故、費用を度外視したプランを実現できることもデメリットであると言えます。

注文住宅プラン

 

そのような注文住宅の諸問題を考えるとしっかりした業者さんに頼みたいところですね。


ゴキブリ対策は春が有効!春に対策してゴキブリが出にくい家にしよう

春になり、暖かくなってくると、人も活発になりお出かけしたくなりますよね。しかし、活発になるのは人だけではありません。嫌いな人も多い、ゴキブリも同じです。 ゴキブリは暖かい時期に産卵をして、卵はそのまま冬を越します。そしてだんだんと暖かくなる春に孵化します。そして夏にかけて成長し、成虫になります。

ゴキブリ対策を行うなら春!家の中の卵や子供の対策を

サクラ ゴキブリは餌となるものや、生活しやすい空間に集まります。家の中でゴキブリが寄ってきてしまう要因はいくつかあります。その一つが、キッチンの生ゴミや汚れです。ゴキブリは嗅覚がよく、キッチンに放置された生ごみのにおいをたどってやってきます。キッチンは水気も多いため、餌が豊富にあり、乾燥が苦手なゴキブリにとってうってつけの場所です。 それ以外にも、お風呂やリビングなども、掃除を怠っていると、ゴキブリが住みやすい空間になってしまいます。そのため、常日頃掃除をすることが大切ですが、春は特に注意深く行いましょう。 掃除だけでなく、孵化した子供を駆除できるような、燻煙剤などの殺虫剤を使います。とにかく成長させない対策が大切です。それだけでなく、湿気が溜まらないように定期的に換気も行いましょう。

ゴキブリを家の中に入れないように対策しよう

ゴキブリは、家の隙間という隙間から侵入してきます。すべて完璧に塞ぐ、というのが理想ですが、大変ですよね。そのため、待ち伏せ対策も有効です。毒餌をゴキブリが潜みそうな各所に置いておくのも有効です。それ以外にも、気軽に始められるのが、ハーブやアロマを使った対策です。 ゴキブリは、ハーブやアロマのにおいを嫌います。特に苦手そうなにおいは、レモングラス、ハッカ油、スペアミントなどです。こういったアロマを焚くか、水で薄めたアロマオイルをゴキブリが来そうな場所に吹きかけておきましょう。

ゴキブリが一番出やすいのは東京

東京 47都道府県の中で、最もゴキブリが出やすいのが東京です。その理由としては、人口が密集しており、それに付随してゴミが出る量の多さが挙げられます。人口が多ければ、ゴキブリを見かける機会も増えます。ゴミが多ければ、ゴキブリが餌を求めてやってくるので納得ですよね。 もちろん、自分で行う対策も有効ですが、それだけでは限界があります。もし、対策をしてもゴキブリに悩まされるということであれば、業者に頼むのも一つの手です。東京にあるゴキブリ駆除の業者などを参考にしてみてください。ここは、ゴキブリの生息状況や、侵入経路をくまなく調査してくれます。その後、場所に合わせた薬剤などを使いゴキブリ対策を行ってくれます。自分で行うには限界のある個所も業者に任せれば網羅できるので安心です。施工後も、状況確認の連絡が来ます。その時に不安な点などを相談できるのでさらに安心です。 ゴキブリは苦手な人も多い害虫です。できれば姿も見たくないという方も多いと思います。対策の仕方によっては、ほぼゴキブリを見ないようにできる可能性があります。日頃から部屋を清潔に保ち、ゴキブリを寄せ付けない家づくりをしましょう。

ベランダやバルコニーからの雨漏りに注意

雨漏りと聞くと屋根裏に水が染み込み、カビなどを発生させるものというイメージが強いかもしれません。しかし原因は屋根だけではありません。意外なところではベランダやバルコニーから雨漏りしていることがあります。   原因がベランダやバルコニーにある場合は、最初に床部分をチェックしましょう。床部分は基本的にウレタンやFRP(繊維強化プラスチック)で防水されているのですが、この防水塗料が経年劣化してひび割れを起こし、そこから水が入ってしまいます。また、ベランダの外壁から水漏れが起きることもあります。屋根や他の部分の外壁と同じように自然環境にさらされているため、どうしても経年劣化の影響を受けてしまうからです。   もしベランダやバルコニーでの雨漏りを防ぎたいのであれば、定期的な掃除を心がけてください。掃除することで雨漏りが防げるのか、と疑問に思うかもしれませんが、掃除をすることで排水口の詰まりが防げます。ガーデニングをやっている場合だと、土や落ち葉が溜まりやすくなってしまうので注意が必要です。また、掃除することで防水塗料の剥がれなどにも気がつくことができ、雨漏り修理を早いうちに行うことができます。剥がれていたときには塗り直し、給水シートなどの敷き直しも行って雨漏りを防ぐようにしましょう。   自分で対応できないレベルまで雨漏りが進行してしまった場合は、出来るだけ早く修理業者に依頼することが大切になります。おすすめなのはアーヴァイン日本美建株式会社という雨漏り専門の修理業者。100%自社施工で行っている修理はその質の高さを評価されています。施工後の10年保証は、その自信の表れといえるでしょう。ベランダやバルコニーは毎日の洗濯などで使用頻度が高い分、傷みが出やすく繊細な部分でもあります。放置して悪化させてしまう前に早めに対策をとりましょう。

gf1770753245x


大家族と注文住宅

二世帯住宅を希望する場合に気をつけたいのが、二世帯住宅としての機能性です。機能性は居住性とは異なる部分があるのです。機能性と居住性の違いを明確に理解することこそが、注意点であると言っても良いでしょう。居住性というのは、間取りの見直しや、延床面積を広く確保することで向上させられます。しかし間取りを見直したとしても、さらには延床面積を広く確保して、住まいそのものが広くなったのだとしても、二世帯同居に適しているとは言えない場合があるのです。実例を挙げると、二世帯同居に求められるのは二世帯分の機能性なのだということです。それぞれの世帯に、トイレ、バスルーム、キッチンが備わっているのが理想的です。トイレを一階と二階に施工している住宅実例は多いのですが、建売分譲住宅の場合には、寝室の近くにトイレがあると便利であるという居住性によって設計と施工がされています。しかし二世帯同居の機能としては、それぞれの世帯が、それぞれの生活時間帯や仕事のリズムに適した使い方が可能かどうかが重要になってきます。たとえ一階平屋建て建築だとしてもトイレは二箇所に施工してもらう、ということです。機能性という視点で設計するとなると、注文住宅が有利です。一つの家に、二つの住まいがある、という解釈をすると良いでしょう。

家を建てた後の点検について、新築から考えておきましょう

新築の一戸建てをお考えの方は、今からどんな家、間取りにするか、予算はどうするのか、どんな家具を置くか、そこでの暮らし、周りの環境など、考えることがたくさんです。今目の前にある、決めなければならないことから、家を手に入れた後の楽しい生活まで、考えているかと思います。しかし、家を手に入れた後の数年、もしくはさらに先の10年、20年先のことを考えておかなければなりません。

家の寿命はどのくらい?

新築の家 家は外の環境にさらされているため、どんなに新築でもいつかは傷んでしまいます。しかし、せっかくの我が家、長く安心して暮らしたいですよね。明確に、家の寿命が決まっているわけではありません。耐用年数はあるものの、きちんと手入れ、点検、メンテナンスをすれば、長く同じ家に住むことが可能です。 一戸建ての点検が必要な時期と場所は? 大体、点検をしたほうがいいのは、築5年目からです。屋外なら、シロアリ、外壁、屋根材、雨どいなど、屋内は換気設備の点検、水回り、床下など、を見てもらいましょう。それ以降は、基本的な点検に加え、給湯器、建具、壁紙クロスなど耐用年数を迎えそうなものも点検を行いましょう。 家の経年劣化が気になりだすのは、築10年あたりからです。点検を行った時や生活をしていて気づいた点などは、必要に応じて修繕を行う必要があります。しかし、自分で見ても劣化しているのかよくわからないことも多いです。 こんな点検のことを家を建てる前から気にしておかないといけないのか、と疑問に思う方もいるかもしれませんが、点検は大切なことです。点検をしようと思うたびに業者に依頼していては大変ですよね。 例えば、工務店の中には、竣工した家を定期訪問し、点検を行ってくれる場合があります。その工務店の一つが、湘南の地域に根差した石原工務店(https://www.ishihara396.com/)です。 ここは、自社で竣工した家を6ヶ月、1年、2年、5年、10年と必ず定期訪問してくれます。大工道具を持参してきてくれるので、その場で対応できるものは、必要に応じて微調整してくれます。もし、目立った不具合が無くても、生活の中で感じる不具合や手入れ方法などを相談することができます。竣工した工務店が家の点検をしてくれるのは、とても安心できますよね。

家を長持ちさせるには?

住宅の点検 大切な我が家を長持ちさせるには、日々のお手入れが大切です。例えば、こまめな掃除。特に水回りは、汚れやすく、湿度が高いのでカビが付着しやすいです。そのため劣化しやすく、より日々の手入れが必要不可欠になります。 また、換気を行うことも大切です。家の中の湿度が高いと、結露が発生したり、木材が腐食し、家全体の傷みにも繋がります。また、シロアリが繁殖する原因にもなるので注意が必要です。 そのため、定期的に空気の入れ替えを行いましょう。最近の高気密住宅では、24時間換気ができるシステムが標準装備されています。冬になって寒くなると、家の温度を温かく保つために、換気を切ってしまうこともありますよね。しかし、できるだけ換気は止めない方が望ましいです。それくらい、換気は家のお手入れの中でも重要なポイントです。 家は、安心して暮らすための土台のようなものです。これから新築を考えている方も、そういった日々のお手入れをするということを意識して、お手入れのしやすい家づくりをしましょう。建てた家を定期的に点検してくれる工務店を選ぶなどして、安心できる住まいを手に入れてください。

良く起こる問題

注文住宅を建築する上で、あってはならない事ですがよく発生するトラブルに関してあげますので注意をしてください。 まず、契約が確定していない時に、複数の住宅メーカーさんと話をしているので、自分が契約したメーカーとの条件に対して 思い違いがあったりします。これは、「他のメーカーさんと同じ条件でより安く」などという営業さんからのトークに対して、詳細を確認せずに契約してしまった場合に実際は思っていたと異なるという話がでてきます。 また、打合せに関しても、注文住宅を建てる人は基本的に初めての人が多いですので打合せに関しても不慣れな人が多いです。その為、注文時の確認が曖昧になってしまい、住み始めてから思っていた事と異なるという事が発生します。 このような事を回避する為に、打合せ時には必ず議事録をもらい、その議事録を確認しましょう。また、議事録を確認時に疑問に思った場合は、議事録をベースに早急に確認をして対応をしましょう。費用に関係する部分は議事録に書きづらいですが、確実に記入し費用追加の有無を明確にして対応しましょう。 このように、家を建築する際の打合せ時の思い違いが大きなトラブルになってきますので、注意をしていきましょう。 またマンションやアパート住まいから一戸建てに引っ越すとひどく寒く感じる方々がいらっしゃいます。これはある意味仕方がない場合もあります。そmそも平均して一戸建ての方が室内が冷えやすい傾向にあるからです。しかしこういった寒さや夏の場合は暑さも建物の見た目だけでなく、しっかりと考慮しなければなりません。



↑ページトップへ戻る