ベランダやバルコニーからの雨漏りに注意

雨漏りと聞くと屋根裏に水が染み込み、カビなどを発生させるものというイメージが強いかもしれません。しかし原因は屋根だけではありません。意外なところではベランダやバルコニーから雨漏りしていることがあります。

 

原因がベランダやバルコニーにある場合は、最初に床部分をチェックしましょう。床部分は基本的にウレタンやFRP(繊維強化プラスチック)で防水されているのですが、この防水塗料が経年劣化してひび割れを起こし、そこから水が入ってしまいます。また、ベランダの外壁から水漏れが起きることもあります。屋根や他の部分の外壁と同じように自然環境にさらされているため、どうしても経年劣化の影響を受けてしまうからです。

 

もしベランダやバルコニーでの雨漏りを防ぎたいのであれば、定期的な掃除を心がけてください。掃除することで雨漏りが防げるのか、と疑問に思うかもしれませんが、掃除をすることで排水口の詰まりが防げます。ガーデニングをやっている場合だと、土や落ち葉が溜まりやすくなってしまうので注意が必要です。また、掃除することで防水塗料の剥がれなどにも気がつくことができ、雨漏り修理を早いうちに行うことができます。剥がれていたときには塗り直し、給水シートなどの敷き直しも行って雨漏りを防ぐようにしましょう。

 

自分で対応できないレベルまで雨漏りが進行してしまった場合は、出来るだけ早く修理業者に依頼することが大切になります。おすすめなのはアーヴァイン日本美建株式会社という雨漏り専門の修理業者。100%自社施工で行っている修理はその質の高さを評価されています。施工後の10年保証は、その自信の表れといえるでしょう。ベランダやバルコニーは毎日の洗濯などで使用頻度が高い分、傷みが出やすく繊細な部分でもあります。放置して悪化させてしまう前に早めに対策をとりましょう。

gf1770753245x




↑ページトップへ戻る