良く起こる問題

注文住宅を建築する上で、あってはならない事ですがよく発生するトラブルに関してあげますので注意をしてください。

まず、契約が確定していない時に、複数の住宅メーカーさんと話をしているので、自分が契約したメーカーとの条件に対して
思い違いがあったりします。これは、「他のメーカーさんと同じ条件でより安く」などという営業さんからのトークに対して、詳細を確認せずに契約してしまった場合に実際は思っていたと異なるという話がでてきます。

また、打合せに関しても、注文住宅を建てる人は基本的に初めての人が多いですので打合せに関しても不慣れな人が多いです。その為、注文時の確認が曖昧になってしまい、住み始めてから思っていた事と異なるという事が発生します。

このような事を回避する為に、打合せ時には必ず議事録をもらい、その議事録を確認しましょう。また、議事録を確認時に疑問に思った場合は、議事録をベースに早急に確認をして対応をしましょう。費用に関係する部分は議事録に書きづらいですが、確実に記入し費用追加の有無を明確にして対応しましょう。

このように、家を建築する際の打合せ時の思い違いが大きなトラブルになってきますので、注意をしていきましょう。

またマンションやアパート住まいから一戸建てに引っ越すとひどく寒く感じる方々がいらっしゃいます。これはある意味仕方がない場合もあります。そmそも平均して一戸建ての方が室内が冷えやすい傾向にあるからです。しかしこういった寒さや夏の場合は暑さも建物の見た目だけでなく、しっかりと考慮しなければなりません。




↑ページトップへ戻る