大家族と注文住宅

二世帯住宅を希望する場合に気をつけたいのが、二世帯住宅としての機能性です。機能性は居住性とは異なる部分があるのです。機能性と居住性の違いを明確に理解することこそが、注意点であると言っても良いでしょう。居住性というのは、間取りの見直しや、延床面積を広く確保することで向上させられます。しかし間取りを見直したとしても、さらには延床面積を広く確保して、住まいそのものが広くなったのだとしても、二世帯同居に適しているとは言えない場合があるのです。実例を挙げると、二世帯同居に求められるのは二世帯分の機能性なのだということです。それぞれの世帯に、トイレ、バスルーム、キッチンが備わっているのが理想的です。トイレを一階と二階に施工している住宅実例は多いのですが、建売分譲住宅の場合には、寝室の近くにトイレがあると便利であるという居住性によって設計と施工がされています。しかし二世帯同居の機能としては、それぞれの世帯が、それぞれの生活時間帯や仕事のリズムに適した使い方が可能かどうかが重要になってきます。たとえ一階平屋建て建築だとしてもトイレは二箇所に施工してもらう、ということです。機能性という視点で設計するとなると、注文住宅が有利です。一つの家に、二つの住まいがある、という解釈をすると良いでしょう。




↑ページトップへ戻る