人気の住宅

今人気の耐震構造

注文住宅の耐震構造をチェックするときに役立つ用語が、粘り強さです。粘り強さを備えている、という表現は、地震の揺れに対して強固に耐える力となるからです。木造建築一戸建て住宅の、粘り強さ、というのは、地震の横揺れに対する耐える力です。強固な力の根拠となるのが、筋交いです。筋交いというのは、柱と柱の間に斜めに入れて施工する木材の部材です。筋交いを施工しておくことで、柱と梁の構造部分が、より強固なものとなります。筋交いが、しっかりしていることこそが、耐震構造の基盤といっても良いでしょう。なお、筋交いは木材で使用されるのが一般的ですが、より強固なものとして鋼を材料にして使用される場合があるのですが、鋼材による筋交いのことは、ブレースと呼ばれています。ブレースは、本来は鉄筋構造で用いられているのですが、木造建築一戸建て住宅にも適用されるようになってきています。注文住宅の耐震性をチェックするときに、筋交い部分を見て、木材か鋼材かでチェックするのも良いでしょう。なお、ブレースと呼ばれている場合には、対角線状に施工されることが多いため、強固にできる分、鋼材が劣化しにくいように、断熱材や透湿シートを周囲に施工しておくなどの配慮が必要な場合がありますので、施工してもらうときには設計図や施工図に書き込んでおいてもらいましょう。


ローコストの注文住宅

481537929注文住宅は建売住宅に比べると高いというイメージを持っている方は多いですが、最近はローコストな注文住宅も多数あるので、そうとは言い切れないようになってきました。ローコスト注文住宅は一般的な注文住宅の半分ほどの価格で建てられているものもあり、そこまで安いとどこかに問題があるのではないかと考える方も少なくないようです。しかし欠陥住宅のようなものを提供すると、そのハウスメーカーの信頼にかかわるので、実際は品質には何の問題もなく、見た目も普通の一戸建て住宅となんら変わるところはありません。 ではどこが違うかと言うと、家の外側からは見えない所に違いがあるのです。たとえば柱などの木材や、石材、内装設備に使われている製品がすべてアウトレットであるなど、見えない所で安く出来るさまざまな工夫がなされているので、とにかく安く注文住宅を手に入れたいという方におすすめです。内装設備が気に入らなければあとでリフォームすることも出来ますし、とりあえず家族で暮らすための新築の家を購入したいという場合に、これほど良いものはありません。どれだけコストを抑えられるか、詳しい話を知りたいときは、お近くのハウスメーカーに相談すると教えてくれるはずです。" 牛丼屋が低価格競争でも品質にこだわるように、ローコスト住宅だって低価格競争だからといつまでも薄っぺらい手抜き住宅を提供しているところなんてもはやありません。さすがに一昔前はローコスト住宅は、大事な部分が間引かれてたり、明らかに見た目、材料ケチったなとわかるものでしたが、最近のはいいものがたくさんあります。例えばグッドリビングという会社は、ローコスト専門ではありませんが、ローコスト住宅でも評判の業者です。その評判の秘密はこちらを見て頂くと分かりやすいですよ。エリアが合うならお勧めの注文住宅業者です。

北欧テイストを取り入れた注文住宅

新しく建てるマイホームは、これから何十年と生活を共にする大事な場所。叶えたい理想もいろいろあるでしょう。最近注目されているのが、まるで海外の方が住んでいるかのような輸入住宅です。中でもスウェーデンやフィンランドのような北欧のスタイルを取り入れた北欧住宅が根強い人気を誇っています。   北欧住宅は、外観1つとってもさまざまなタイプがあります。屋根は基本的に雪が積もりにくいような三角形。住んでいる地域が豪雪地帯であればあるほど、屋根の勾配も急になります。そして壁の色も白やクリーム色といった明るい色から深緑、群青色といった落ち着いた色までバリエーション豊富です。注文住宅であれば、自分のセンス次第でいくらでも印象を変えることができます。また、北欧住宅は窓が大きいことも特徴の1つ。これは雪の多い北欧ならではの、少しでも多く太陽光を取り入れるための工夫といっていいでしょう。   基本的に、スウェーデンとフィンランドは年間を通して寒い国です。そのため、北欧住宅にも厳しい寒さをしのぐための機能が備わっています。木材をメイン建材にしつつも、壁には断熱材を仕込み、窓ガラスは三重窓。徹底した断熱仕様です。そのため、冷え込む朝でもスッキリと起きられるでしょう。寒くて布団からなかなか出られない…なんてこともなくなるはずです。もちろん、断熱仕様に関しては日本の気候に合わせて調節してもらえるので、寒さがそれほど厳しくない地域でも北欧住宅を建てることは可能です。   北欧住宅は温かみを感じられるシンプルなデザインでありつつ、寒さへの対策もしっかりとられています。シンプルな分、どれだけ年月が経っても古さを感じさせない不思議な魅力があるので、住めば住むほど愛着を感じられるでしょう。もし北欧住宅を建てたいのであれば、住宅展示場に足を運ぶことをおすすめします。実際のモデルハウスを見てみると、一気に具体的なイメージが膨らむはずです。北欧住宅を専門としている住宅展示場を訪れると、北欧住宅のよさがよくわかります。木材でつくられた雰囲気のある空間やそれに合わせたインテリアのコーディネートなど、チェックしたいポイント満載です。北欧住宅で、ずっと変わらない素敵な住まいを手に入れてみてはいかがでしょうか。 Modern scandinavian styled interior dining room with pendant

家族が増えたら狭小住宅で都市部に家を持とう!そのメリットを紹介

横浜などの都市部には、広い土地がなく、狭小住宅と呼ばれる、およそ15坪(50㎡)以下の土地に建てられた住宅が多いです。狭小住宅は、限られた土地に空間を最大限活かすように建てられています。夫婦二人、ではなく子供がいる家庭でも、狭小住宅を選んでいる場合も多いです。

都市部の狭小住宅はメリットが多い

家族の暮らすリビングルーム 狭小住宅は土地が狭く、あまり魅力を感じない方も多いと思いますが、メリットもたくさんあります。狭小住宅は、何よりも都市部に家を建てることができることが最大のメリットです。都市部は地価が高く、大きな家を建てるにはハードルが高いですよね。しかし、小さな土地なら、地価が高くても、小さな土地なので比較的安く土地を手に入れることができます。 都市部は、電車やバスなどが整っており、どこに行くにも困ることが少ないです。また、商業施設やスーパー、学校も充実しているので、生活をするうえで便利なものがたくさん揃っています。 都市部ならマンションに住む、という手もありますが、お子さんがいる家庭の場合、隣や上下の部屋に気を使ってしまいますよね。そのため、子供が自由に走り回ることができなかったり、遊ぶにもいろいろ制限が出てきます。 狭小住宅は、場合によってはマンションよりも少し広くなります。戸建てになるので、子供たちが走り回っても、周囲に迷惑をかけにくいです。

狭小住宅は、工夫次第で部屋を広く使える

夫婦2人に子供もいるとなると、家が狭くなりそう、と思う方もいらっしゃいますよね。しかし、空間や明かりの取り入れ方によって、部屋を開放的に、広く見せることが可能です。 〇吹き抜けをつくる〇 吹き抜けを作り、上下の部屋をつなげる方法です。3階建ての住宅の場合、2階と3階部分に吹き抜けを作ることで、光を取り込み、明るい空間を作ることができます。子供がいると、空間が繋がっているだけで声が聞こえたり、上下の階でコミュニケーションが取れます。 吹き抜けのある住宅 〇屋上スペースを活用する〇 ベランダを作れない代わりに、屋上のスペースを活用する方法もあります。洗濯物を干したりと、機能的に使うことも可能です。それだけでなく、家族で食事を楽しんだり、子供と一緒に星を見たりなど、家族での交流の場としても使うことができます。 狭小住宅でも、空間をうまく使って、家族が増えてもゆったりと暮らすことができます。こんな生活がしたい、と具体的なイメージを持って家づくりに取り組むと、納得のいく家を作ることができます。 例えば、横浜などの都市部を中心に狭小住宅を建てている建築会社があります。ここは、ローコストの狭小住宅を、完全自由設計で建てることができます。ホームページには、過去の施工事例も多数掲載されており、中には子供の成長を加味して作られた住宅もあります。こういった施工事例をもとにイメージを膨らませることができます。住宅の品質にもこだわっており、長期優良住宅に適合しています。暮らしやすい、理想が詰まった住宅を、ローコストで安心して建てることができます。 家族が増えたり、これから増える予定があると、住みやすい住宅について考えますよね。子供の成長に合わせて、のびのびと暮らせるような住宅を、ぜひ考えてみてください。

耐震性・耐久性に優れた住宅

新築の家を建てるということは、中古住宅とは違って誰も住んでいない新しい家に住むということです。木材も設備も新しいのでこれから20年、30年と何年も長く住むことができます。

ですから注文住宅で新築の家を建てる場合は、長く安心して住めるように、耐震性・耐久性に優れた家を建てる必要があるのです。注文住宅は建売住宅とは異なり、自分が希望している家が建てることができるので、要望通りの家を建ててくれるハウスメーカーを選ぶのが重要なカギとなります。

  ハウスメーカーを選ぶ際は、ネットの口コミや評判をまとめている「注文住宅の最強大百科」を参考にするといいでしょう。複数のハウスメーカーの特徴やお客さんからみたハウスメーカーの対応等が詳しく載っているので、参考にしてみると良いかもしれません。   こちらのサイトでは耐震性・耐久性に優れている住宅を建築するハウスメーカーも多数紹介しています。注文住宅の最強大百科の情報によると、有名ハウスメーカーであるエスバイエルなら、地震にも耐えられ、高温多湿の環境でも長くもつ耐久性のある家を建てることができるようです。   エスバイエルでは、S×L工法というもので制震・免震性が高い住宅を建てることが可能です。また、それだけではなく独自の耐久化システムを導入し、家の長寿化を目指しているため、これから何十年住んでも平気な家が建築できるでしょう。この耐久化システムは日本特有の高温多湿の気候に適応しています。そのため、家の内部に湿度が溜まりづらくなっているので、地震の時だけではなく、長い間日本の高温多湿の気候に耐えられる造りになっているのです。   また、注文住宅の最強大百科の評判によると、エスバイエルの評判に、営業さんの対応も優れているというものがありました。ある方の口コミによると、エスバイエルの家を建てて20年経っても家の外壁や設備等に不具合があった時はとすぐに営業さんが駆けつけてくれ、柔軟に対応してくれるとのことです。やはり家を建ててくれるだけではなく、建てた後でも長きに渡って親身に対応してくれるハウスメーカーであると安心できますよね。   注文住宅を建てる際は、耐震性・耐久性に優れている家づくりをすることだけではなく、こういったハウスメーカーの対応等もチェックしてみてください。こういった実際の口コミや評判を参考にして選ぶと、良いハウスメーカーを選択することができます。

af0150017724w




↑ページトップへ戻る