北欧テイストを取り入れた注文住宅

新しく建てるマイホームは、これから何十年と生活を共にする大事な場所。叶えたい理想もいろいろあるでしょう。最近注目されているのが、まるで海外の方が住んでいるかのような輸入住宅です。中でもスウェーデンやフィンランドのような北欧のスタイルを取り入れた北欧住宅が根強い人気を誇っています。

 

北欧住宅は、外観1つとってもさまざまなタイプがあります。屋根は基本的に雪が積もりにくいような三角形。住んでいる地域が豪雪地帯であればあるほど、屋根の勾配も急になります。そして壁の色も白やクリーム色といった明るい色から深緑、群青色といった落ち着いた色までバリエーション豊富です。注文住宅であれば、自分のセンス次第でいくらでも印象を変えることができます。また、北欧住宅は窓が大きいことも特徴の1つ。これは雪の多い北欧ならではの、少しでも多く太陽光を取り入れるための工夫といっていいでしょう。

 

基本的に、スウェーデンとフィンランドは年間を通して寒い国です。そのため、北欧住宅にも厳しい寒さをしのぐための機能が備わっています。木材をメイン建材にしつつも、壁には断熱材を仕込み、窓ガラスは三重窓。徹底した断熱仕様です。そのため、冷え込む朝でもスッキリと起きられるでしょう。寒くて布団からなかなか出られない…なんてこともなくなるはずです。もちろん、断熱仕様に関しては日本の気候に合わせて調節してもらえるので、寒さがそれほど厳しくない地域でも北欧住宅を建てることは可能です。

 

北欧住宅は温かみを感じられるシンプルなデザインでありつつ、寒さへの対策もしっかりとられています。シンプルな分、どれだけ年月が経っても古さを感じさせない不思議な魅力があるので、住めば住むほど愛着を感じられるでしょう。もし北欧住宅を建てたいのであれば、住宅展示場に足を運ぶことをおすすめします。実際のモデルハウスを見てみると、一気に具体的なイメージが膨らむはずです。北欧住宅を専門としている住宅展示場を訪れると、北欧住宅のよさがよくわかります。木材でつくられた雰囲気のある空間やそれに合わせたインテリアのコーディネートなど、チェックしたいポイント満載です。北欧住宅で、ずっと変わらない素敵な住まいを手に入れてみてはいかがでしょうか。

Modern scandinavian styled interior dining room with pendant




↑ページトップへ戻る