耐震性・耐久性に優れた住宅

新築の家を建てるということは、中古住宅とは違って誰も住んでいない新しい家に住むということです。木材も設備も新しいのでこれから20年、30年と何年も長く住むことができます。

ですから注文住宅で新築の家を建てる場合は、長く安心して住めるように、耐震性・耐久性に優れた家を建てる必要があるのです。注文住宅は建売住宅とは異なり、自分が希望している家が建てることができるので、要望通りの家を建ててくれるハウスメーカーを選ぶのが重要なカギとなります。

 

ハウスメーカーを選ぶ際は、ネットの口コミや評判をまとめている「注文住宅の最強大百科」を参考にするといいでしょう。複数のハウスメーカーの特徴やお客さんからみたハウスメーカーの対応等が詳しく載っているので、参考にしてみると良いかもしれません。

 

こちらのサイトでは耐震性・耐久性に優れている住宅を建築するハウスメーカーも多数紹介しています。注文住宅の最強大百科の情報によると、有名ハウスメーカーであるエスバイエルなら、地震にも耐えられ、高温多湿の環境でも長くもつ耐久性のある家を建てることができるようです。

 

エスバイエルでは、S×L工法というもので制震・免震性が高い住宅を建てることが可能です。また、それだけではなく独自の耐久化システムを導入し、家の長寿化を目指しているため、これから何十年住んでも平気な家が建築できるでしょう。この耐久化システムは日本特有の高温多湿の気候に適応しています。そのため、家の内部に湿度が溜まりづらくなっているので、地震の時だけではなく、長い間日本の高温多湿の気候に耐えられる造りになっているのです。

 

また、注文住宅の最強大百科の評判によると、エスバイエルの評判に、営業さんの対応も優れているというものがありました。ある方の口コミによると、エスバイエルの家を建てて20年経っても家の外壁や設備等に不具合があった時はとすぐに営業さんが駆けつけてくれ、柔軟に対応してくれるとのことです。やはり家を建ててくれるだけではなく、建てた後でも長きに渡って親身に対応してくれるハウスメーカーであると安心できますよね。

 

注文住宅を建てる際は、耐震性・耐久性に優れている家づくりをすることだけではなく、こういったハウスメーカーの対応等もチェックしてみてください。こういった実際の口コミや評判を参考にして選ぶと、良いハウスメーカーを選択することができます。

af0150017724w




↑ページトップへ戻る