高断熱住宅に使われる断熱材の役割

>断熱性能を高めた住宅に注目が集まっています。これまで、北海道のような寒冷地を除き、日本の住宅は夏の暑さを軽減することのみ重視され、冬の寒さについてはそれほど深刻視されていませんでした。しかし、近年は高齢者が増えていることから、長く健康に暮らせるように、夏の暑さだけではなく冬の寒さについてもしっかりと考えることが求められるようになりました。今では、多くの施工会社が様々な工夫により、断熱性能を高めた家づくりを売りにしています。

断熱性能を高めるカギは「断熱材」

各施工会社により、断熱性能を高めるための工夫は異なります。しかし、一般的には「断熱材」を使用することで住宅内外の熱の出入りを少なくしています。通常、建材を組み立てて作られる住宅の壁には多かれ少なかれ隙間が生じます。壁に隙間が生じていると、室外と室内で空気が出入りしてしまいます。室外の空気が室内に入ってしまう、または室内の空気が室外に出てしまうため快適な室温を維持できません。空気の出入りを少なくするために使われるのが断熱材です。断熱材を隙間に入れることによって、家の断熱性能を高めて暑さや寒さを感じにくい作りにします。ただし、断熱材にも種類があり、どれでも良いわけではありません。性能の良いものを使えば使うほど断熱性能が向上します。

高いコストパフォーマンスで評価されているのは、木枠のパネルにスポンジやクッションなどに使われているウレタンを注入して作られる「ウレタン断熱パネル」です。ウレタンの樹脂成分によって木枠とパネルの密着度が上がり、空気が通りにくくなります。他の断熱材を使った高断熱の住宅よりも断熱性能に優れると言われています。

ウレタン断熱パネルの強み

高断熱の住宅のデメリットとして、壁の内側に結露が発生しやすいことが挙げられます。空気の出入りが少ないことから、意識して換気をしなければ湿気がこもりやすいためです。高断熱の住宅にリフォームしたは良いものの、換気の頻度が足りず結露やカビに悩まされたという家庭は少なくありません。

ウレタン断熱パネルに使われる硬質ウレタンフォームは、水や空気を通しにくくいという性能を持っています。壁の内側に結露が発生することも防ぐことができます。また、換気が不十分な高断熱の住宅では、断熱材の内部に結露が発生して、劣化の原因になることもあります。ウレタン断熱パネルならば、断熱材の内部に結露が発生しにくく、劣化して性能が下がる心配がありません。断熱性能を高めるだけではなく、高断熱の住宅にとってデメリットと言える結露の心配を打ち消すことからも、ウレタン断熱パネルを使用した住宅が勧められます。

ウレタン断熱パネルを使用している施工会社には、例えば札幌に拠点を置く「豊栄建設」があります。
豊栄建設ホームページURL:https://www.hoei999.co.jp/challenge/index.html

断熱性能が必須になる北海道の施工会社だからこそ、高性能な断熱材で夏の涼しさ、冬の暖かさを維持しつつも結露やカビに悩まされない、快適な住宅を提供しています。




↑ページトップへ戻る